iwaki-ART部

いわきのアートシーンを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「大久保草子と草楽房(くさがくぼう)展」

東京出身の木版画家大久保草子さんと、大久保さんの
パートナーの金子祐介さんの共同工房、草楽房のいわき初の
作品展。

「木版だけど、木版らしくない細かさが特徴と言われる」と
大久保さん。作品を手がける際には、何日もかけて構想を
練り、彫るときには食事もとらずひたすら彫り続けるという。
 一心不乱に握り続ける彫刻刀から生み出される作品は、
「自然と人の交わりを考えたい」という思いから、動植物が
モチーフとなるものが多い。ていねいに細かく彫り込まれた
作品はち密さだけでなく、温かさ、優しさを感じることが
できる。 
また、会場内には、2人で昨年、4カ月間滞在した
インドでヒントを得た「シヴァ玉」も展示。インド菩提樹
(ぼだいじゅ)の実ととんぼ玉を組み合わせたストラップ、
お守りになる作品で、販売もしている。 大久保さんは
「自由に想像を膨らませ、1人ひとりが物語をつくりながら
見てもらえるとうれしい」と語る。いわきで新たな一歩を踏み出した2人は、
今回の作品展がいわきになじむきっかけになること、
新たな作品を生み出す動力になることを願っている。 

29日まで

開場時間は午前10時から午後5時まで。
定休日は土日祝日。

問い合わせは
平字作町一丁目のカフェ&ギャラリーあとりえ北山
=電話(35)5789=まで
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iwakiart.blog99.fc2.com/tb.php/16-45947d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。