iwaki-ART部

いわきのアートシーンを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術にみる花火──広重から現代まで──

花火


■会期
平成19年8月3日(金)~9月2日(日)
休館日:月曜日(ただし、8月13日は臨時開館)

■開館時間
午前9時30分~午後5時(毎週金曜日は午後8時まで開館)
(※入場は閉館30分前まで)

■会場
いわき市立美術館 企画展示室1および2

 今回の展覧会では、美術家の創作意欲を刺激した花火に注目し、歌川広重、歌川豊国らの浮世絵から、小山田二郎、清宮質文、有元利夫など現代の美術家の作品まで60数点を紹介し、美術家が花火をどのように捉えたかを探ろうとします。

※上記以外の主な出品作家:歌川国貞、歌川国芳、小林清親、古賀春江、近藤浩一路、加藤栄三、稗田一穂、藤松博、草間彌生、小林孝亘など(会期中、一部展示替えあり)
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。